巡り合い系の評定を読んでいると、レイプ思惑というか、必ず犯されるようなセックスをしてみたいという性癖を有する妻をちょっぴりと見かけます。こういう評定の人妻は、その強烈なクラスという感じですね。<ハッピーメイル評定(36年・東京ダディ)>長く出会い系サイトを通じていますが、こんな妻と出会ったのは何とかでした。それはレイプ願望の強い妻だ。それも人妻ですよ。たえずそうなんですが初めてのランデブーは心臓がドキドキやるほど緊張します。ドキドキしながら待っていました。そうして、現下、着きました。という連絡をもらって意欲も更に高まりました。隣席にその妻の乗っているクルマが立ち寄りました。女性は身のクルマに乗り込み、一緒に旅館へ行きました。女性はちっちゃな感じで美しい妻でした。最初に聞いていなかったら、人妻だと誰にも気付かれないでしょう。こんな良い女性にレイプを通して良いのだろうかと、まだまだビビってしまいました。恋人はどんな人なんだろうとも想像してしまいました。車内で聞いてみると、最も犯されるようなレクリェーションじゃないと感じない、清々しくないらしいんですよね。旅館に向かう際も少々と妻を探るのですが、もちろん普通に思えるんですよね。そういう性癖があるなんて皆目仮想も出来ない。しかもサウンドが戯画サウンドで、ほんわかしているんですよ。性癖とその妻の条件のギャップが凄くて、それが気分をそそります。旅館に着き、一緒に広間へ入り、他愛も乏しい話をしてました。向こうの願望は、力一杯抵抗するので衣服を破っても嬉しいということなんです。そのつもりで破れても望ましい衣服を着て来たについてでした。そうして、中頃取り出しをしなければ、生命はOKということです。頬へのビンタや軽々しい首絞めなども徹頭徹尾大丈夫なのでするということです。そうしてお互いの取り付けが出来たので、妻をベッドに押し倒し、必ずキスをするところからスタートしました。衣服を脱がし、ブラを乱暴に剥がし、舐め回しました。女房は抵抗するが、簡単に牛耳る事が出来ました。最後に必ず、パンツも脱がし、裸にしました。女房は逃げようと抵抗するが、腕をおさえていたので、逃げる事は出来ません。身もどしどし興奮してきていたので、ありのまま生で挿入しました。ややピストンしてから、ひとまずちんちんを抜き、頭髪を掴んでの無理矢理フェラさせました。ふと苦しみたいとしてましたが、関係なくおさえつけました。フェラをさせてからまた強く挿入して女房の腹部の上に射精しました。1回戦が終わった後、女房はグッタリと疲れていましたが、ポーズもそこそこに2回戦を始めました。2回戦も弱く嫌がるフロアを犯しました。それ以降はまったりした条件からのエッチでした。最初から最後まで犯すということではなく、まったりしたエッチもありました。何回したのかはっきり覚えていませんが、スパンが迫っていたので女房と旅館を出ました。女房は気持ち良かったし、楽しかったと言ってくれたのでセキュリティーしました。お互いのラインを交換して、また魂胆が合えば会いましょうと言って離れました。犯すという環境も興奮するもんだな、としてしまいました。たまたま抑制の初々しい扉を開いてしまった気分です。PCマックスの真実って感じのサイト!?

名器の持主だという人妻とのセックスが描かれているハッピーメールの書き込みだ。但しこういう精神、よく分かりますね。あまりにも心地よいセックスができると、恋人自身をかわいがりているのか、恋人の下半身をかわいがりているのか、それほど分からなくなることってありますよね。それでもセフレだったらそういうのが特別嬉しい関係でもありますよね。
【幸運メルアド書き込み・56歳父親(千葉県内)】
前月末日からの感冒もどうにか治まったので恋人とデートしてきました。それでもちょっと咳が残ってるので、チューは禁止されてしまいました。けれどもまぁそりゃそうね。なので上のお口が禁忌なら、下のお口で楽しませてもらおうということで、しょっちゅう以上に時間をかけてペロペロしました。恋人はぺろぺろだけで二回イってました。そうしたら私のちんちんもぺろぺろしてくれました。直ちにイキそうになったので、クンニでねっとり状態になっていたアソコに挿入しました。恋人のアソコはいつも以上にぴくぴくと締め付けてくるので凄い気持ちよい。実際名器ですな。背後が大好きなので背後で入れたい事だが、背後は締め付けツライので、直ちに出ちゃう可能性が高いので、今回は止めておいた。円滑位で腰を振りめくると、ぎゅ~ぎゅ~っと締め付けられ、とても我慢してたけど、持ち堪え切れなくて大量に射精してしまった出ちゃたよ。は~気持ちよかった。今までのセックスで先ず特別気持ちよかった。離したくない名器だね。また、恋人に惚れ直したよ。恋人をかわいがりているのか、アソコをかわいがりているのか、よく分かっていないが(笑) もまたいつかも会ってくれるようなので恋人も満足してくれてるのかな。PCMAXとワクワクメールの違いについて。

お尻が最高にエロい27年齢の人妻とセックスしたという男のPCMAX評定だ。「少しムチムチなエロいボディをした人妻」って最高に興奮するでしょうね。こういう男の同じくお尻フェチのわたしは、こういう手紙を読んであるだけで興奮してしまいましたよ(笑)

≪PCMAX評定・44年齢男(都内)≫
27年齢の少しムチムチなエロいボディをした人妻と会ってきました。結婚して依然2カテゴリーくらいなのに早くもセックス回答生活に進出してしまったみたいです。彼の役割が凄く忙しくて、ぜんぜん民家にいないと愚痴ってましたね。そんな感じで旦那の瞳を気にすることはないので、フリータイムで5チャンスくらいゆっくりとすることができました。何かとエロい提言しても不愉快面構え一部せずにノリノリで付き合ってくれました。必ずあからさまでかわいい子でした。若いのに古風な感じもする、ダディーを突き立てるあげまんという受け取り。SとMの中位で非日常の素敵なチャンスでした。こういうまさか透けた黒いボトムスから当てはまる肉付きのいいお尻が特に最高でした。どうして彼はこういうエロいおケツに肉欲しないのかミステリアスでしょうがなかったです。2カテゴリーで飽きて仕舞うようなお尻じゃないですよ(笑) それではボトムスの上からそのお尻にむしゃぶりつき、そして四つん這いにさせてボトムスを脱がせて、思う存分にお尻を舐め回し揉みめくり、深く味わわせてもらいました。裏手から挿入した時に、プルプルと変位左右に揺れめくるケツ肉が最高にエロいんですよね。セックス回答様子が長く広がる人妻らしく、喘ぎまくってくれたのも、こっちのフィーバーをつぎつぎ高めてくれました。ここまで興奮しまくって、気持ちよかったセックスはついにかもしれません。これからも素敵な原因が続きそうです。お尻フェチにはたまらない人妻のセフレをゲットすることができました!ピーシーマックスで見つけたとびっきりの出会い

41年齢の熟女人奥さんのセフレがいるという男性が書いているPCMAXクチコミだ。そのセフレの熟女人奥さんは、敢えて遠くから定期的に会いに来てもらえる、と書かれていますね。そういった関連ってはなはだ理想的だと思います。

【PCMAXクチコミ・39年齢紳士(奈良県内)】
PCMAXで出逢い、そしてセフレのようになっていらっしゃる人妻がある。遠くからちょこちょこ俺に会いにきてくれるんです。必ず優しい41年齢の人妻。結婚しているので家内にはやはり男性がいる。特別関係が悪いというわけではないらしき。それでも、家内は定期的に俺に会いに来る。それがまた可愛くて仕方ない。俺はスムーズ位で家内に挿入し、常に家内の両手を頭上でベッドにおさえつけながら、やさしくなでるように亀心中で子宮口を責め譲る。家内は、強烈に勃起したちんぽと意外ときめ細かい子宮突きのセックスを好む傾向にある。敏感なときは、動かないで深層に亀心中を覚えてるだけでも維持イキをする。俺は、家内を見つめながら亀心中による手厚いマッサージを積み重ねる。家内の息づかいが荒く上る。「不能っ。赴きみたい。いくっ、いくっ。」一度目のオーガズム。胴体がさっとおきあがり、腹筋と腰、お尻の筋肉がきつく、すっごく引きつけやる。家内は、苦しみたいに幸せそうに目をつぶって全身で絶好調を感じているのが通じる。家内の膣が俺のちんぽを締めあげて現れる。心から気持ち良い拘束発想。その間おれは手厚く、家内の髪を撫でてキスをする。しばらくすると家内の引きつけと力みがなくなる。これが維持イキのシグナル。これを待って俺は前文より少しずつ凄いピストンを開始する。「あぁ、そんなことしたらまたいっちゃうよ。」それから家内は息づかい付く倦怠も弱いほど個数十回もイキき積み重ねる。「あぁ、もう一度、イキが出来ない。許して。許してください。。」そのことわざが終了のシグナル。家内はうんざりとして、俺の握りこぶしの中で引きつけを続け、幸せそうな家内のイキ顔を眺めながら俺は口づけ講じる。家内との時間は本当にハッピー。ハッピーメールに登録してみた人の言葉