凄まじく癲癇してイキ積み重ねるセフレの41年代熟女人妻

41年齢の熟女人奥さんのセフレがいるという男性が書いているPCMAXクチコミだ。そのセフレの熟女人奥さんは、敢えて遠くから定期的に会いに来てもらえる、と書かれていますね。そういった関連ってはなはだ理想的だと思います。

【PCMAXクチコミ・39年齢紳士(奈良県内)】
PCMAXで出逢い、そしてセフレのようになっていらっしゃる人妻がある。遠くからちょこちょこ俺に会いにきてくれるんです。必ず優しい41年齢の人妻。結婚しているので家内にはやはり男性がいる。特別関係が悪いというわけではないらしき。それでも、家内は定期的に俺に会いに来る。それがまた可愛くて仕方ない。俺はスムーズ位で家内に挿入し、常に家内の両手を頭上でベッドにおさえつけながら、やさしくなでるように亀心中で子宮口を責め譲る。家内は、強烈に勃起したちんぽと意外ときめ細かい子宮突きのセックスを好む傾向にある。敏感なときは、動かないで深層に亀心中を覚えてるだけでも維持イキをする。俺は、家内を見つめながら亀心中による手厚いマッサージを積み重ねる。家内の息づかいが荒く上る。「不能っ。赴きみたい。いくっ、いくっ。」一度目のオーガズム。胴体がさっとおきあがり、腹筋と腰、お尻の筋肉がきつく、すっごく引きつけやる。家内は、苦しみたいに幸せそうに目をつぶって全身で絶好調を感じているのが通じる。家内の膣が俺のちんぽを締めあげて現れる。心から気持ち良い拘束発想。その間おれは手厚く、家内の髪を撫でてキスをする。しばらくすると家内の引きつけと力みがなくなる。これが維持イキのシグナル。これを待って俺は前文より少しずつ凄いピストンを開始する。「あぁ、そんなことしたらまたいっちゃうよ。」それから家内は息づかい付く倦怠も弱いほど個数十回もイキき積み重ねる。「あぁ、もう一度、イキが出来ない。許して。許してください。。」そのことわざが終了のシグナル。家内はうんざりとして、俺の握りこぶしの中で引きつけを続け、幸せそうな家内のイキ顔を眺めながら俺は口づけ講じる。家内との時間は本当にハッピー。ハッピーメールに登録してみた人の言葉