レイプ願望の著しい人妻とのセックス体験談

巡り合い系の評定を読んでいると、レイプ思惑というか、必ず犯されるようなセックスをしてみたいという性癖を有する妻をちょっぴりと見かけます。こういう評定の人妻は、その強烈なクラスという感じですね。<ハッピーメイル評定(36年・東京ダディ)>長く出会い系サイトを通じていますが、こんな妻と出会ったのは何とかでした。それはレイプ願望の強い妻だ。それも人妻ですよ。たえずそうなんですが初めてのランデブーは心臓がドキドキやるほど緊張します。ドキドキしながら待っていました。そうして、現下、着きました。という連絡をもらって意欲も更に高まりました。隣席にその妻の乗っているクルマが立ち寄りました。女性は身のクルマに乗り込み、一緒に旅館へ行きました。女性はちっちゃな感じで美しい妻でした。最初に聞いていなかったら、人妻だと誰にも気付かれないでしょう。こんな良い女性にレイプを通して良いのだろうかと、まだまだビビってしまいました。恋人はどんな人なんだろうとも想像してしまいました。車内で聞いてみると、最も犯されるようなレクリェーションじゃないと感じない、清々しくないらしいんですよね。旅館に向かう際も少々と妻を探るのですが、もちろん普通に思えるんですよね。そういう性癖があるなんて皆目仮想も出来ない。しかもサウンドが戯画サウンドで、ほんわかしているんですよ。性癖とその妻の条件のギャップが凄くて、それが気分をそそります。旅館に着き、一緒に広間へ入り、他愛も乏しい話をしてました。向こうの願望は、力一杯抵抗するので衣服を破っても嬉しいということなんです。そのつもりで破れても望ましい衣服を着て来たについてでした。そうして、中頃取り出しをしなければ、生命はOKということです。頬へのビンタや軽々しい首絞めなども徹頭徹尾大丈夫なのでするということです。そうしてお互いの取り付けが出来たので、妻をベッドに押し倒し、必ずキスをするところからスタートしました。衣服を脱がし、ブラを乱暴に剥がし、舐め回しました。女房は抵抗するが、簡単に牛耳る事が出来ました。最後に必ず、パンツも脱がし、裸にしました。女房は逃げようと抵抗するが、腕をおさえていたので、逃げる事は出来ません。身もどしどし興奮してきていたので、ありのまま生で挿入しました。ややピストンしてから、ひとまずちんちんを抜き、頭髪を掴んでの無理矢理フェラさせました。ふと苦しみたいとしてましたが、関係なくおさえつけました。フェラをさせてからまた強く挿入して女房の腹部の上に射精しました。1回戦が終わった後、女房はグッタリと疲れていましたが、ポーズもそこそこに2回戦を始めました。2回戦も弱く嫌がるフロアを犯しました。それ以降はまったりした条件からのエッチでした。最初から最後まで犯すということではなく、まったりしたエッチもありました。何回したのかはっきり覚えていませんが、スパンが迫っていたので女房と旅館を出ました。女房は気持ち良かったし、楽しかったと言ってくれたのでセキュリティーしました。お互いのラインを交換して、また魂胆が合えば会いましょうと言って離れました。犯すという環境も興奮するもんだな、としてしまいました。たまたま抑制の初々しい扉を開いてしまった気分です。PCマックスの真実って感じのサイト!?